So-net無料ブログ作成
検索選択

退場? [サーフィン]

久しぶりに炸裂した木曜日。

リーフでもお掃除セットはダブルくらいあったと聞きました。


001.jpg
TADAO氏撮影


終日 強いオフが吹き続けたにもかかわらず、金曜日まで残ってて、ホームで腰腹。
久しぶりにホームで波乗りできました♪


002.jpg
TADAO氏撮影


脱水後は湯船に浸かって「極楽♪」



1495122_253410014818023_967643533_o.jpg
TADAO氏撮影


やっぱホームが一番です(* ̄▽ ̄*)[いい気分(温泉)]



んで日曜日は・・

またまたココ。


1526028_573793189366847_1076174877_o.jpg


毎週毎週 出稼ぎばっかりですよ( ̄Д ̄;)

でも金曜までのうねりは少し残ってるようで、
先週・先々週よりはサイズアップの腰腹。
少しは楽しめそうですね?♪



駐車場正面、岩からのグーフィーを狙う。

波数は少ないけど、形はキレイだし時々レギュラーもあるし。
真ん中辺はナグちゃん達ショートが居てるんで、邪魔をしないように敢えて波数が少ないピークを選んだ。

入水者6人でストレスフリーの腰腹。
久しぶりに波乗りした感じがします。



そこへ引率のついたキッズサーファーが10枚ほど入水。
みんな上手で、大人が手を出せないインサイドの小波をバンバン乗って、
フィニッシュまでしっかり決めてくれます。

かといって、やりたい法第してるワケじゃなく、
アウトから大人が乗ってくると、ピークが空いててもスルーするし、
順番や礼儀をわきまえた乗り方をみんながしている。

リスペクトできる子供らや(* ̄▽ ̄*)
頑張れよ♪


なんて思ってたら、ロングが1枚入水。
先に入ってたロングのツレみたいだが、
よー喋るわ「冷い冷い」を大声で連呼するわ、お構いなしに波を捕るわ・・


かなり鬱陶しい( ̄Д ̄;)サムイナラデレバ?


幡多弁だから近所の人間みたい。
「双」ローカルの一員かもしれないし、「平」ローカルかもしれない。

そんなジモティーが、ちゃんとしてる子供達の目の前で好き勝手した挙句、
子供やワタシにドロップインを繰り返しだした。

謝りもせずピークへ戻り、また大声で話しだす。


試しにわざと後ろから落とし、すぐ後ろで乗ってみたけど知らんぷり(笑)


なるべくなら小言なんて言いたくはないんですが、
地元の人間がこんなことしてちゃー恥ずかしいでしょ?

好き勝手し放題なビーチって思われるのもイヤなんで、
ちゃんと話しておきました。


ローカルや地元優先の考えも間違ってないですが、
やることやってから権利の主張をするべきだと思います。





さて、今週はクリスマスですね。

楽しみだったクリスマスも、いつからかクルシミマスになってますが、
未だにサンタの存在を信じてる娘のためにも、父ちゃんサンタはもうひと踏ん張りします。

今年は「姿見が欲しいです」って手紙書いたそうなんでw
今からサンタは、ニトリへ仕入れに行ってきます。



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Karma Chameleon [昔話]

客が少ないカフェレストってのは、重宝する方にとっちゃー便利に使ってる方々も居まして・・


店から200mも行けばラブホテル街ということもあり、
ホテルのオーナー達もよくこられました。

ホテルの「あるある話」なんかを、面白可笑しく伺い・・

「えっちゃん(ウエイトレス)と来たら半額でイイよ♪」

「いや、うちなら無料にしてあげる!」

てなことをいつも話してました。


ラブホテルって、満室になったら看板のライト落とすじゃない?
土曜の夜に誰んちが先にライトを落とすか勝負してて、負けた人がコーヒーチケット買う。
そんな遊びもよくしてました。

お金に不自由してない在日の方々でしたから、純粋に勝ち負けを楽しんでる感じ。
貧乏だったワタシにゃー眩しすぎる世界でしたね。


気になってたホテルの隠しカメラですがw
ドアの外に監視目的で設置してる以外は、絶対設置しないのが業界のルールだそうです。
守らないと自分たちの存続に関わるからだとか。

自分で撮って楽しむタイプのカメラを置いてるトコもあるようですが、
「ソッチの消し忘れには十分気をつけてください」とのコトでした。




ある日のこと。

カウンターの角の奥側に、よく来る若い男性客が座った。
いつも彼が座る場所だ。

ワタシと同年代くらいか ちょっと若いくらい。
細い身体に長い手足、鼻にかかるくらいに伸ばした髪はサラサラで、
誰が見ても美少年と言うだろう。

いつもカフェオレ注文して、無言のまま飲み、いつも30分程で帰るんだが、
その日は珍しく1時間ほど座っていた。



そこへまた1人来客。

コーデュロイジャケットを着こなした年配の男性。
カフェオレ客と少し間を置いたカウンター角の手前に座り、コーヒーを注文した。

そして雑誌を読みながら半分ほど飲んだだけで「ごちそうさま」と店を出た。
その後を追うように、カフェオレ客も店を出る・・・



店の窓からカフェオレ客が見えなくなった頃、
リバティー(ラブホテル)のオーナーが口を開いた。


「あの2人、うちの客です」




Σ(・ω・ノ)ノ




「つ、つまり・・そういう関係ってコトですか?」

「けっこう居ますね」



雑誌の中やフィクションの話だと思ってたコトは、
普通に転がってるんだ・・と感心した。




客が少ないカフェレスト。

便利に使っていただいて、ありがとうございます♪





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

教育的指導 [サーフィン]

相変わらず乗れる波がないホーム。


1458033_570410439705122_357530839_o.jpg


うねりは入って来るんだが、砂が持ってかれて割れない状態が続いているうえに
ショアブレイクで砂が上がってきたんで、ますます使えない状態になってきた。

もうかれこれ1ヶ月ほどホームに入ってない( ̄Д ̄;)
もう今年の冬は使えないままだろな。



入江要素の大きいホーム。
流れや波が入りにくい地形なんで、良くも悪くも変化が少ない。

他所は良くなってきてんのにホームは悪いままだし、
逆に 他所は使えなくなってんのにホームはスペシャルだったりする・・

まさにselfish(笑)


そんな波のないホームに風呂桶が届いた。


1486956_569840273095472_1299074681_o.jpg


無用の長物(笑)


いつ使うの?!
今じゃないのは間違いない(笑)




そんなこんなで この日曜もここへ出張


1505842_570410459705120_1791593424_o.jpg


波は前日よりダウンしたヒザモモ。

土曜に目時くんとチェックしたときには、たま〜にモモコシのええのが入ってきてて、
「もー最高でした♪」なんて報告受けて期待してただけに、また今週もか・・と落胆する。


ま、それでもショートが何枚か入ってるし、入らないより入った方が現状維持にはなるだろう!
と、左側センター岩前に入水。



先入のショートが2人。
1人は普通のスラスターで、もう1人はテイクオフの練習をする初心者。

初心者の方は、某お好み焼き屋さんの客?
ベーグル系のフィッシュにトライフィン、サルのデカールで浮かんでた。

ライトショルダーからテイクオフしようとするが、レフトへピークが逃げる波で、
なかなかテイクオフできないでいる。
やっと落としたと思ったら、板から手が離れるより先に膝が伸びる「お爺さん立ち」でw
立った瞬間にパーリング(笑)

よく見ると40台くらいな人。

40台でサーフィン始める辛さはよく解る。
修正したら良いトコを教えてあげたいけど、なかなかタイミングが合わないし、
余計なこと教えて岩ちゃんに怒られるのもイヤだから見て見ぬふり(笑)


3人でシェアしてたら2枚のショートが入ってきたんで、
ワタシと先入のスラスターが気を遣ってみんなで回そうと、1本乗ったらショルダーへ回たり遠慮したり。
波が少ないんだから当然のことだ。

しかし、そんな空気はお構いなしに独占しようとする後入りの2人。
乗った後にピークへ戻る。他人の波まで追いかけショルダーでパドル。

その上、ツレのレディースロングまで入ってきて、

「Go!Go! 裏!裏!もっと奥!」


和やかな雰囲気が台無し( ̄Д ̄;)


案の定、お好み焼き屋の客は、テイクオフ動作すらさせてもらえない。
からの~脱水。

ワタシもそんな空気に嫌気がさしてパドリングで脱水。



ホームだったらどっちにも教育的指導してるだろな(笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

We are the world [昔話]

ランチが予想外に出ないことで、店の経営が次第に辛くなってきたので、
予め準備していた夜の営業を、オープンの翌月から始めた。


夜の営業とはいっても、メンズだけの営業で ピルスナー系の瓶ビールとショットに、
つまみ系の一品料理を提供するだけの営業。

アメリカンな店の雰囲気と合わせてオシャレなツマミを出すことで、
仕事帰りのサラリーマンやOLさんで毎夜賑わった。
狙い通りだった。



が、近所の奥さん連中が来だしてからは様子が一変した。

酔ってくるとデカイ声で騒いだり、

ウェイターを隣に座らせようとしたり、

有線に合わせて歌ったり・・


下品な女性客ばかりが増え、男の客は次第に来なくなった。
結構ハードな店作りをしたつもりだっただけに、予想外の客層に戸惑っていた。



ある晩、借金するのにお世話になった女性が来店した。
歳はワタシより一回り上の33歳だが、小柄で華奢な可愛いタイプだから、実年齢より若く見える。


カウンター、ワタシの正面に座り、Early Timesをロックで注文した後 こう言った。

どう?私が宣伝するから女の客が増えたでしょ?」


お前かー!下品の根源は( ̄口 ̄;)!!


世話になってる以上、そう言えるわけもなく・・

「お陰様で売上も上々です」

と言うと 調子に乗って

「今度ライブしましょ!私の知ってる有名なバンドが無料でやってくれるから♪」

「それイイですね!是非お願いします!」


とは言ったが・・
後日来たのは有名なカントリーバンドだった・・( ̄Д ̄;)

その世界じゃ有名な人達でしょうし?無料で演ってくれるのは有難いけどね?
ワタシの店でバンジョーやアコースティックギターやバイオリン鳴らすの止めてくれる?
ウッドベースでか過ぎやしww


それでも断れないワタシ。



女性は来店すると必ず閉店までいて、ワタシのアパートへ泊まって帰る。
まるで絵に書いたような関係(笑)

早朝6時の喫茶から夜の12時までの営業に加え、夜の奉仕までしてたワタシは、
昼間の営業中に過労で倒れ、気が付きゃ病院のベッドで点滴をうたれてた。


店主のいない店内では、We are the worldのレーザーディスクがリピートされていたらしい・・




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

凸( ̄曲 ̄;) [サーフィン]

この土曜日はより道TEAM FAITH SURFの忘年会でした。

ここの店主「入」ローカルのサーファーなんですが、FAITHのオーナーと同級で旧友。
「出」ローカルとも仲良くしていたたいていて、唯一「入」ローカルの中で、
ボードにFAITHのステッカーを貼ってらっしゃる御方。

「入」ローカルなんだか「出」ローカルなんだか、分からない(笑)



それもあってか、料理の量はいつもハンパなく、テーブルに並ぶ料理は必ず2回転。
後から後から新しい料理が運ばれてくるうえに、食いたいものを注文すれば出てくるし、
まかないの牛すじカレーまで出してくれる。

その上「次へ行くぞ!」となったら、他に客がいようが、
片付けがあろうがお構いなしに こっちへ参加するし、
毎回 巧みな話術で場を盛り上げてくれる。

大食漢で、飲み屋を数件回った後でも、
締めは お好み焼の後で焼き肉か、焼き肉食ってラーメンという人。

とにかくパワフル(笑)


この日もラストまで付いて行かなくちゃいけないと思って、セーブしながら飲み食いするワタシ。
女の子のいる店で若干弾けはしたものの、シメのペラ焼き×1 お好み焼×1 焼きそば×1のノルマを完食することができました。
でも帰ろうか。の声が出たのは26時半・・( ̄Д ̄;)

焼き肉屋が閉まってたのは、ホントーに嬉しかったっす。




それでも翌朝はちゃんとビーチへ出勤。
飲んで騒いで朝イチに間に合わないのは言語道断!

といっても解散してから まだ4時間しか経ってない・・( ̄Д ̄;)アタマイタイ


1491816_567099533369546_52984492_o.jpg



相変わらずホームはフラットなんで、早々に焼き芋の準備を始めるタダオくん。



「双」に偵察に行った伊勢脇くんから連絡が入る。


1479199_567553036657529_60539437_o.jpg


微妙じゃ分からん!( ̄曲 ̄;)


とりあえず、昨日は風呂も入ってないんで出かけてみます。




「双」は波数少ないセット腿。
そのうえ少しヨレててパワーが無さそう。

んー確かに微妙かも(笑)


ま、シャワーも浴びたいしね、テイクオフくらいは余裕でできそうなんで、
5本くらいを目処に入ることにします。




ところが入ってみると意外と楽しい♪

例の如くインサイドでショートが落とせない波を乗ってたんだけど、
ほとんどノーパドルで落るし、小さくても形良く割れるから岩にヒットするくらい乗れて、
気が付きゃ1時間ソコソコで、軽く二桁オーバー乗ってました。



乗り過ぎ?

いえいえ、こんなに小さい日にショートと入るときは、セットはほとんどショートに譲ります。
だってセット膝だと、ショートは大きめのセットじゃないと落ちないでしょ?

ワタシらロングは他にも乗れる波はあるからね。
ショートよりインサイドで、ショートが反応しない波を乗るんです。


大人な乗り方でしょ?(笑)



しかーし!

そこへ男3人 女2人のロングの団体様。
セットはもちろん、見えないよなうねりにまで、全てに反応して手を出す。

誰も文句を言わないのをイイコトに、次第にズーズーしくなってきて、
他人の波にまで手を出しといて、キャーキャーと楽しそうにする始末・・・


同類だと思われるのもイヤなんで、早々に脱水しました。





ホームへ帰ると、ちょうどみんなが芋食った直後だったみたいで・・

001.jpg

芋のスポンサーであるワタシの分まで残さず食いやがって、
クチビルに芋のカス付けたまま「旨かったっす~」と言う古家


ザケンジャネーゾ!凸( ̄曲 ̄;)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

シャイニン・オン [昔話]

尼崎の商店街の 国道2号線を挟んだ反対側。
路地裏がラブホテル街になっていて、人通りもまばらな裏通りにあるビルの1階を
間借りして 店を始めたのは21才のときだった。

銀行も国庫も、21の若造に一千万を超える金を貸してくれるワケもなく、
名義を貸してもらうために辛い日々を過ごしたのは、それだけ自分の店を持ちたかったから。

今となっては、何てバカで計画性のない事をしたんだろうと思う。

若さなんでしょうね。


それでも当時は真剣だった。

忙しくなって会えなくなるのと、多額の借金を抱えることになったんで、
当時付き合っていた彼女に「他に女ができた。もう会えない」と言って分かれた。

アパートも格安物件に引っ越した。
トイレと流しはあったが、1階で昼間でも薄暗く、電気を点けないと生活出来ないが、
昼間は店だから問題無かった。





店の名前は「Petit Tomato」

夜勤明けのタクシー運転手や、近くの証券マン、団地の主婦層に照準を合わせ、
早朝開店、ランチメニューとパンメニューに重点をおいた、席数20程度の小さな店。

もちろん、友人が長居できるための くつろげるカウンターも作った。



オープン当日、モーニングサービスだけで50杯を越えたことに気を良くして、
サービスランチのトンカツは多めに準備することにした。

イーゼルに黒板をセットし、従業員の女の子にランチの絵を描かせ、
20人前のトンカツと、一玉分のキャベツを千切りにし、付け合わせにモーニングで残ったポテサラ。
ワカメスープの準備をした後、ランチプレートを調理場いっぱいに広げ、キャベツを盛って準備万端!
後はオーダーが通り次第、トンカツ揚げればイイだけにする。



が・・・

14:00までに通ったサービスランチのオーダーは2つ( ̄Д ̄;)


証券会社の女性社員や近所の主婦であふれかえったランチタイム・・
客が注文するのは、オープントーストやサンドイッチ等のパンメニューと軽食だけ・・
食後にはコーヒーじゃなくて、ソフトドリンクやデザート・・

( ̄Д ̄;)ヤメテ・・


厨房にもう1人入ってもらったが、いっぱいに広げたプレートが邪魔で仕事になんないから、
キャベツを盛ったままのプレートをゴミ箱に放り込んだw

もうヤケクソ(笑)


それでも料理を出すのが遅れる。

順番を間違える。

待ちかねる客。

外にも長蛇の列。

怒って帰る客・・・




はい。

トンカツ定食でワタシの店は終わりました。。。。

二日目からのランチタイムは楽勝です。
なんせ10人も来ないんですからww


モーニングサービスが終わりかけの10:30からは来客もまばらで、
店内に居るのはワタシと女の子だけ。という事が多かった。

女の子達をカウンターに座らせ、ワタシは内側にスツールを持ち込んで座り、
サイフォンに残った酸っぱいコーヒーを、3人で分け合って飲んだ。

そんな静かな店内に、有線放送からよく流れてきたのがこの曲。





分かれた彼女のことを思い出し、「孤独さ俺もその1人」の歌詞に胸が痛んだ。





あれから30年近く経ち、何気なくつけたAMラジオからこの曲が流れてきて、
あの頃の事が鮮明によみがえってきた。

カウンターの中から見える外の光景

壁紙の色

サイフォンに残ったコーヒー

湯気を出すポット

静かな店内

ダウンライトに照らされた床

出窓に置かれたステンドランプ・・・


まるで映像が頭ン中で流れた様だった。

音楽ってスゴイね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

飛ばないブタは [サーフィン]

いったい何時になったらサイズアップするんでしょうか・・( ̄Д ̄;)

またまたフラットなホームビーチの日曜早朝。
フラットなのを知ってるからか、タダオくんと伊勢脇くんだけ出勤してきた。


伊勢脇くんは波乗りの準備をしてきてるけど、
タダオくんはソックス(野良猫)の餌やりと焼き芋のためだけにビーチへ来てるw

サーフショップのオーナーだよね?
防寒着きて ネックウォーマーして 猫抱いて 焼き芋する姿は、
ただのジジイにしか見えないんですが・・(笑)


「波乗りしないジジイはただのジジイだ!」


ただのジジイにならないためにワタシは伊勢脇くんと一緒に「双」へ向かいます。



1466989_563847913694708_399230095_o.jpg


んー・・( ̄Д ̄;)
いつにも増して厳しいかも?


でも サーフジャンキーなナグちゃんを始め、数人のショートが正面に入ってる。
先週入った左側中央は潮が多いからか割れていない様だ。


1472628_563847867028046_1541234803_o.jpg



ま、他に行くトコも無いんで、着替えて入水します。


サイズは膝。

入ってすぐは、いつもの様にしばらく人間ウオッチングしてたんだけど、
乗ってる人全員の膝まで丸見え・・( ̄▽ ̄;)

パンピングしながらインサイドまで繋いでるけど、
スピードに乗れないままショアブレイクでThe END。


そんな波でも競争率はハンパなく、
板が当たりそうなほどのチェイスが繰り返される!


水温は低いし、オフはビュービュー吹くし、波は無いし、競争は激しい!
もはや修行でしかない(笑)

気が弱いワタシは、ショートよりインサイドでおこぼれを頂く。
ええ、ホーム以外では借りてきた猫なんですww



でも時折、ビックリしたように腰サイズのセットが入る。
しかし、ショートよりインサイドのワタシは、セットを見つけて追いかけても間に合わず・・

やっとショルダーに追いついたと思ったセットを落とせば、痛恨の前乗り・・・


( ̄Д ̄;)ゴ、ゴメンナサイ



結局セットは1本も落とせないまま2時間で脱水。
一緒に行った伊勢脇を一人っきりにしてホームに帰る。


1471593_563847580361408_1688215232_o.jpg


ホームには相変わらず波もなく、殺伐とした波取り競争もない・・
心地よい日だまりの中、焼き芋をした残り香が漂っていた。


焼き芋しときゃー良かった・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。